〒271-0092 千葉県松戸市松戸2268-3

住所、お問い合わせ、047-362-9557

病診連携施設オンライン受付

松戸市の皮膚科|アトピー性皮膚炎・みずいぼ等皮膚の疾患でお悩みの方は一度ご相談ください。

HOME医院案内診療案内交通案内Q&A

コラム

HOME»  ブログ記事一覧
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

消毒薬とウイルス性いぼ

ウイルス性いぼには、水いぼと呼ばれる伝染性軟属腫。そして、今回のテーマである、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)といわれるものがあります。これ は、水いぼと同じように、子供に多い病気で、足の裏にできると、魚の目やタコによく間違われます。ヒト乳頭腫ウイルスという病原菌が、皮膚の細胞(表皮細胞)に感染して起きる病気で、自然治癒もよく見られますが、どんどん増えてしまうことあり、対応に苦慮します。

ところで、皮膚科の病名には、尋常性という言葉がよく使われます。尋常性ざ瘡(にきび)、尋常性白斑(白なまず)、など。尋常とは、普通のものと言う意味です。皆さん、昔のお話で、尋常小学校という名前を聞いたことがありませんか?

閑話休題

通常、このいぼの治療は、液体窒素による凍結療法が、多く行われています。液体窒素というのは、空気の中に含まれている窒素とおなじですが、気体ではなく、液体の状態のものを指します。液体の状態では、窒素は非常に温度が低いわけで、なんと-196℃です。余談ですが、某酒造メーカーが、-196℃という名前の缶チュウハイを最近発売しました。この液体窒素を綿棒で患部に染み込ませますと、いぼは瞬時に凍ってしまいます。解凍した後、再び、塗布。これを 数回繰り返します。30年以上行われている安全確実な治療です。しかし、非常に痛みを伴う治療であるということから、子供たちには、たいへん嫌われています。

子供に多い病気にもかかわらず、子供の嫌いな治療で対応するのは、いかがなものか?
この問題を解決するために(もちろんほかに理由もありますが)消毒薬を使う治療が登場しました。この消毒薬は、グルタールアルデヒド(商品名ステリハイド)というもので、本来の使い方は、医療器具を消毒するためのものです。アメリカで、始められた治療ですが、1989年に長崎大学の先生が、日本に紹介してから、国内でも広まり、今、皮膚科専門医でこの治療を知らない先生はいません。(やらない先生はいらしゃいます)使い方は、市販の綿棒に液をつけ、染み込ますように軽く圧迫します。これを、日に4、5回行います。塗ったところは茶褐色のかさぶたに変化し、早いと2週間、2ヶ月から3ヶ月で、かさぶたが脱落し、治ります。治療期間が、やや長いので、途中、スピル膏を貼付して、かさぶたを柔らかくしたり、液体窒素を併用したり(ちょっと矛盾していますが)しています。

最初に述べましたが、このいぼは、自然治癒がよく見られます。これは、からだの免疫反応が、うまく働くと、インターフェロンという物質が、たくさんからだの中で作られ、いぼのウイルスを攻撃し、治してくれます。このきっかけをつくるのが、昔からの言い伝えにある、なすのへたをいぼにつける、お地蔵さんのところに毎日お参りするなどの行為です。つまり、毎日、治りますようにとお願いしていると本当に治るのです。

精神から神経系、そして免疫系と、人間のからだはすべてつながっているのです。

2014-02-07 11:21:39

みずいぼ

この夏も、連日の猛暑で、診察の待ち時間などで、たいへんご迷惑をおかけしました。
また、このコラムも、忙しさにかまけて、更新していなかったことを、反省しております。

さて今回は、みずいぼについて、お話をしたいと思います。当HPへの検索キーワードで、一番多いものです。正式の病名は、伝染性軟属腫といいます。これは、軟属腫ウイルスという病原ウイルスが、皮膚細胞に感染しておきるものです。なかに水が入っているようにみえるため、みずいぼと呼ばれています。病変は皮膚表面だけのもので、からだの中(内臓)には、まったく影響はありません。しかし、伝染力が強く、直接皮膚が触れ合うような場合にうつるといわれます。そのため、スイミングスクールなどでは、接触する機会が多いので、よく問題になります。また、ビート板、タオルなど、間接的な接触でも、うつることがあるので、なかなか、予防が難しいともいわれています。
では、私見を、交えて、Q&A形式で、お話をすすめます。

Q: みずいぼは、とらなければいけませんか
A: ウイルスの病気ですので、はしかなどのように、免疫がつき、自然に治ります。しかし、自然と治るまでは、報告によると、平均6が月(長いと2年)ぐらい、かかります。プールなどで、接触する機会が多いと、うつしたり、うつされたりと問題になるので、スイミングスクールに通っているお子さんは、処置をすることを薦めています。うつす機会のないお子さんは、様子を、見ていただくこともありますが、2,3個だった、みずいぼが、たくさん増えて、気になってしまうことも、よくあり、いつも判断に迷います。
現在はこのような状況ですので、基本的には、少ないうちに処置をすることを提案しています。
Q: 塗り薬で、治らないのですか
A: 現在、有効なものは、ありません。外国では、抗ウイルス薬が、使用されていますが、まだ評価は定まっていません。硝酸銀などを塗る治療がありますが、これは、塗って治すというよりも、薬で焼くといったイメージです。
Q: とるとき、痛くありませんか
A: 特殊なピンセットで取るのですが、以前は、非常に痛みを伴う方法でした。
しかし、いまは、麻酔シールが開発され、処置前に、貼ることで、麻酔の注射をしたような効果があり、痛くなくとることが可能になりました。当院での実際の使い方は、みずいぼと診断した後、シールをお渡しし、次回来院するまえに、自宅で貼ってきてもらっています。
Q: 昔は、あまり聞いたことがないのですが
A: むかしからある病気ですが(1814年に始めて報告)、1970年代ごろから、スイミングスクールが、普及し、その頃から、急増してきたといわれています。また、そのころに、同じ仲間のウイルスが原因である天然痘という病気が根絶され、種痘ワクチンを打たなくなったため、みずいぼに対する免疫が、つきにくくなったという説もあります。

処置の適否については、ここ10年、皮膚科、小児科、学校、さまざまな立場の方の意見が、乱立して、お母さん方を、悩ましています。私見を申し上げると、医学的にとる必要が本当にあるのか(?)、私自身未だに結論がでていないのですが、社会生活上、とる必要がある場合が多いものと考えています。

2014-02-07 10:40:06

春の日差し

桜も終わり、ちょっと汗ばむ陽気になってきました。この頃は周期的にお天気が変化しますが、花曇りと言われる薄曇り日がよくあらわれます。まだ、日差しの強さを実感することがあまりないのですが、実は紫外線の量は、3月頃より急に強くなっているのです。
12月が、最低の紫外線量ですが、3月は、12月の約2倍、4月は、約3倍、一番強い7月では約4倍となります。一日のうちでは、12時頃をピークとしますが、午前9時には、午後2時頃と、ほぼ同量の紫外線量になります。
紫外線について、少々おはなしをしたいと思います。

UVという言葉を聞いたことがあるかと思います。これは、紫外線(Ultra Violet)の略です。
紫外線は、可視光線のなかの紫色よりも波長の短い光の名前です。
紫外線は、波長の長さより、長い方より、UV-A UV-B UV-Cの3つに分けられます。
UV-Cはオゾン層で,遮断され、地表には届きません。UV-Bは、かなりの部分が、オゾン層で、遮断されますが、地表にも到達します。UV-Aは、地表に十分到達します。UV-Aはガラスを透過することができますが、UV-Bはガラスを透過するができません。

地表に届く、AとBですが、UV-Bは、サンバーン(日焼け)をおこし、皮膚は赤くなり、のちにサンタン(色素沈着)をおこします。UV-Aでは赤くならずに、サンタン(色素沈着)のみをおこします。また、UV-Bは皮膚細胞のDNAを損傷するため、皮膚ガンの発生に関係しています。しみ、しわについては、A、Bとも関係しています。 20年ぐらい前までは、日焼けは健康のシンボルといわれた時期もありましたが、現在では、過度の紫外線は、有害なことと認識されるようになりました。母子手帳においても、数年前より、日光浴を推奨する記述が、なくなりました。昔は日光浴が、体内のビタミンDの産生を促し、骨を強くすると言われましたが、ビタミンDのほとんどは、食べ物より、とることが、可能で、1日10分程度、日にあたれば、ビタミンDについては、問題のないことが、解りました。

サンスクリーン(日焼け止めクリーム) 4月にはいったら、曇っていても、スポーツなどの屋外活動では、日焼け止めクリームをつかいましょう。曇りの日は、つい忘れがちですが、晴れの日と、紫外線量を比べてもほとんど差がないことがわかっています。 サンスクリーンを選ぶポイントが2つあります。SPF(sun protection factor)とPA(protection grade of UVA)という表示です。 SPFはUV-Bをカットする目安です。国内では、最近、50を、最大と決めました。日常では、20から30ぐらいのもので、十分といわれています。PAはUV-Aをカットする目安で、UV-Aによる色素沈着を防止する力を表わしています。

1+ 2+ 3+の3段階です。3+が、一番防止力があります。 サンスクリーンには、主に2つの成分からなっています。皮膚表面に,付着して、紫外線を散乱,反射する、紫外線散乱剤。酸化亜鉛が多く使われていましたが、最近は、効果の高い、酸化チタンもつかわれるようになりました。
一方、皮膚に浸透して、そこで、紫外線を吸収する、ベンゾフェノンなどの紫外線吸収剤。しかし吸収剤は、ときとして、光接触性皮膚炎を起こしてしまいます。SPF値が高いものは、この紫外線吸収剤が含まれているものが多いので、肌に合わないことがありますので、注意が必要です。
また、長時間、使用するときは、こまめに塗り替えること。また、海や山へいくときは、首の後ろや、耳、足の甲など、塗り忘れのないように気をつけましょう!

しみやしわを増やさないために! 日焼けは、百害あって、一利なし・・・といっても言いすぎではない!というのが、今の皮膚科医の常識でもあります。高額の化粧品や美容医療に頼るまえに、すべきことは、日焼けをしないこと!その一言に尽きます。年代をとわず、赤ちゃんから、お年寄りまで、日焼けには、十分ご注意ください!

2014-02-07 10:31:21

ホームページ開設にあたって

皆さん、はじめまして。高槻覚です。このコラムを受け持つこととなりました。
月に1回ぐらいのペースで、更新していく予定です。内容は、皮膚のことを中心に、季節に合わせた話題を提供していきたいと思いますが、すぐにネタ切れで、全然皮膚と関係ない話に飛ぶかもしれません。

ところで、HPの内容はいかがでしたか。とりたてて、特別なことをやっているわけではないので、内容も特にないという感じかと思います。しかし、お知らせしたかったことは、普通の町医者が、普通の治療をしているということです。まずは、スタンダードということを大切にしていきたいと思います。もちろん、それだけでは、不十分なので、ちゃんと、バックアップ体制を整えているつもりです。

また、最近は、インターネット等で、情報が瞬時に手に入る反面、その情報を十分活用できないことが多いかと思います。医学の情報も、また,然りです。医学情報を有益に活用するためには、医者のちょっとしたアドバイスがあると生きてきます。HP上で、相談を受けられるといいのですが、まだその体制にはなっていません。毎日の診療で、そんなお手伝いをしているつもりですので、遠慮なく相談ください。

2014-02-06 20:06:52

  • 件 (全件)
  • 1